職種は複数あるため理解した上で決断を

資格業界とも呼ばれている介護業界での仕事を考えている方の中には、どんな職種があるかもご存知ない方もいるでしょう。介護業界には、介護現場で最も活躍している介護スタッフのほかにも、いくつかの職種が存在しています。

介護スタッフは、介護施設やデイサービス、訪問介護で身体介護や生活援助といった仕事をこなしており、実務経験を積みステップアップしながら、介護福祉士や介護支援専門員の資格取得まで目指せるのが特徴です。介護業界唯一の国家資格の介護福祉士は、介護のプロフェッショナルと認められるもので、これまでの自分のノウハウを発揮しながら、サービス提供責任者としてや後輩の指導員として活躍ができます。施設や事業所で最も重要なポジションを担っているのが、介護業界最高峰といわれている資格を持つ介護支援専門員で、要介護者や要支援者とその家族と相談しながら、必要とする介護サービスを選定し、サービスを受けるためのケアプランの作成を行なうのがメインの仕事です。介護支援専門員は、一般的にはケアマネージャーと呼ばれており、ケアプランの作成のほかにも訪問介護スタッフと一緒に、利用者の家を訪問したり、プランに沿ったサービスを提供しているかなどのチェックも行なっています。このほかにも、施設長や管理者、所長と呼ばれている施設や事業所のトップが存在し、その施設など全体を統括してマネジメントの仕事をしています。施設の規模によっては、このトップ職をケアマネージャーが兼務していることもあるようです。

介護業界では、誰しもが知っている介護スタッフだけでなく、さまざまな職種が連携してしてチームとなって仕事をしています。それぞれどのような職種なのかわかったうえで自分がなりたい職種を決めるようにしましょう。